2008年03月07日

老後の不安が54%!



内閣府が2006年秋に実施しました「国民生活に関する世論調査」の結果をみると、日常生活で悩みや不安を感じる人は、2005年の前回調査より1.2ポイント増えて67.6%となり過去最高になったそうです。

悩みや不安の内容は、半数以上の人が「老後の生活設計」を挙げました。

政府への要望では、70%以上の人が「社会保障制度の構造改革」を求めていました。

内閣府は「少子高齢化の進展で、団塊世代を中心に、将来の不安が増しているのだろう」と分析しているそうです。

調査は全国の20歳以上の男女1万人を対称に行い、日常生活で悩みや不安を感じているかを尋ねたところ、「感じている」の67.6%に対し、「感じていない」は31.9%で過去2番目に低かったのです。


悩みや不安の内容は「老後の生活設計」に不安がある人が54%で最も多く、「自分の健康」が48.2% 「家族の健康」が41.2%が続きました。

政府への要望は「医療・年金などの社会保障構造改革」が72.7%で3年連続でトップで、2位は前回3位だった「高齢社会対策」の54.5%で続いて「景気対策」の50%でした。

現在の生活について「満足」と答えた人が66.5%で前回より7ポイントも増加しました。





この結果を見て皆さんはどのように思われますか?

極めてもっともな結果だと思いますよね。

少子高齢化のこの時代に、年金問題や医療の問題など社会保障は一向に改善されない状態が続いてますものね。

政府も世間の状態を分かっているんだから、「早くやってくれ!」って言いたいですよねー!ホントに!

政府は、景気は良くなったと言っていますが、銀行をはじめ企業ばっかり儲かっても社員に還元されなければ、消費が伸びず本当には景気もよくなって行かないですよねー!


ぜーんぜん、実感ないもんね。


そんな中、少しでも自分で出来ることをしっかりやって行くしか、自分を守れそうもありません!

自分の健康は自分で守り、いつまでも元気でいれば、それだけでもすごい財産です!!


「健康ダイエット生活習慣」を身に着けて、不安を解消しましょう!(^0^)V


それにつけても、生活に悩みも不安もないと言う人が3割以上もいて、現在の生活に満足と言う人が7割近くもいるとは、なんか、うらやましく思ってしまうのは私だけでしょうか。。。(^_^;)

タグ:年金 不安 老後
posted by Dankai at 14:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会・経済
-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88604301
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。