2007年08月17日

どうした横綱・朝青龍!

横綱・朝青龍の問題が、こじれにこじれてしまった。

高砂親方が悪いの、相撲協会の理事長が悪いの、いろいろなことを言ってますが、本業である相撲をサボって、サッカーをやった朝青龍が一番悪いのは明白です。

なのに、まわりが騒いでいろんなことを言うものだから、結局は朝青龍を甘えさせてしまっている。

今は、完全に駄々をごねた子供の状態になってしまった。

モンゴルの人たちは、相撲協会の処分が厳しすぎると言って、抗議文を出したそうですが、ことの根本を理解しているのだろうか?

報道関係者は、モンゴルの人たちに根本原因を正しく伝えているのだろうかと心配になります。

横綱といえば、相撲のチャンピョンです。相撲の中心的存在で、役者で言えば主役になります。会社で言えば重役です。

ファンにとっても主催者側にとっても、このように主要な役割の人が、本業の相撲をサボって、アルバイトしていては、普通の会社でしたら即、クビです。

朝青龍も、ことの本髄を考えたら、「私が悪うございました。」と言って、さっさと誤って夏巡業に行くことです!!

取り組みをしなくても、顔だけでも出して、ファンへのサインや写真などファンサービスをやれば、誰もそれ以上文句は言わないのに、ひとりで殻をかぶって部屋に閉じこもっている姿は、あまりにもみっともなく、悲しい姿です。

部屋に閉じこもっていると言うより、部屋に立てこもっていると言うか、ろう城しているように私には見えます。

「朝青龍よ、さっさと出てきて、さわやかに誤っちまえば、気持ちもすっきりするぞ!!」

そして、ひじや腰をしっかり直して、来年は優勝するのが、ファンや朝青龍を支えてくれている人たちへの、一番の償いだと思う。


素直になれ!朝青龍!!


多くの人が応援しているから、安心して、誤っちまえ!!


タグ:朝青龍
posted by Dankai at 19:08 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・社会・経済
-->
この記事へのコメント
最近思うんです。家族の笑顔って最高ですよ。
以前、一家の大黒柱としてサラリーマンをしていましたが、
勤めていた会社が給料未払いで倒産!家族のことを考えると毎日が
不安でした。そんな時ここに出会ったんです。
 http://www2.ocn.ne.jp/~okamu/
Posted by ブルーノート at 2007年08月18日 02:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51723997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。