2007年04月19日

AFPニュースより:銃社会・アメリカの影響か!?

アメリカ・バージニア州立工科大学で33にんが死亡する銃乱射事件がおきて全世界に衝撃を与えた。
同じ時期、日本でも長崎市長の伊藤一長市長が山口系暴力団幹部により銃撃され残念ながら死亡した。
また、和歌山では財産相続の問題か、親戚の男が女性を射殺し自分も銃で自殺した。
 
日本では銃は大変厳しく規制されているのに、こんな事件がおきてしまった。
これは、銃社会のアメリカの影響なのか。。。。。
posted by Dankai at 12:36 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・社会・経済
-->
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39342252

この記事へのトラックバック

銃社会の申し子「チョ・スンヒ」
Excerpt: 今のアメリカ銃社会において、「チョ・スンヒ」は充分に生まれ得るものとして生まれたと断言できるのではないでしょうか? 今回の記事を読み、展示即売会では現金さえ支払えば無条件で銃が買えるとは、非常に驚き..
Weblog: アメリカ合衆国ニュース、アメリカ合衆国情報
Tracked: 2007-04-20 12:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。